<   2006年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

体格で不利なのはある意味「必然」ではないか?

ジーコ監督は退任の記者会見で「体格の差を強く感じた」と述べたようですが、
それは「必然」ではないか?というか「いまさら」といったところです。

日本の国民性というか、改めて生活環境から考えてみると、
例えば、日本の小学生に「糖尿病」が発病しているといわれていますが、
ブラジルの子供たちに「糖尿病」の子供などいるのでしょうか?
(肥満はマラドーナやロナウドのような例がありますが......ww)

Excite エキサイト : 「責任持って決断…任務を全う」 退任会見

すでに根本の環境が違うということなんだけれども、
ブラジルの子供たちは 日ごろから外で新聞紙を丸めたボールを蹴りあって
サッカーをしているそうですが、日本の子供たちが外でサッカーをしている場面など
学校の校庭や施設以外で頻繁に見るでしょうか?

日本のほとんどの子供たちは学校から帰宅したら冷暖房の効いた室内で
テレビ、勉強、ゲーム、パソコン をしているのが現状ではないでしょうか?
また、どちらかといえば「やせている」方が健康的だという認識で食事はカロリー制限、
朝食は太るから摂らない、もしくは時間ギリギリまで寝ていたいから食べない。
挙句の果てには朝礼などで貧血で倒れる始末です。

そのような子供たちが大人になって突然
「世界に負けない屈強な体力を!」といったところで
ガラリと180度変われると思えません。
体力面で世界レベルの選手たちと渡り合うなどというのは
現状の実態のままでは無理があると思いますが。

以前NHKの番組で「入院形式での生活改善プロジェクト」といったタイトルで、
子供たちに規則正しい生活をさせるドキュメントが流れていました........。
すると 泣き出して「もう家に帰りたい....こんな生活はいやだ」と
涙ながらに訴える子供が続出っ!!
ちなみに子供たちは小学5~6年生。日本の将来が非常に楽しみです!!
[PR]

by green_feels | 2006-06-29 00:17 | 徒然日記

2点目の「カウンター」がすごかった!

な、なんなんでしょう あの流れるような「カウンター攻撃」は!
まさに水が流れるかのようにスピーディーに そして確実に繋がっていた!
しかもゴール枠を外さない!そのプレイにかかわるメンバーがすごい!

Excite エキサイト : ロナウドW杯新の通算15点 W杯ドイツ大会

なんでも今回のメンバーは
「ブラジルサッカー史上最強」とも言われているほどの
タレント揃い! つーか揃いすぎです。

しかもまだ試合を数試合残して(決勝戦まで行く場合)いて、
W杯記録更新です。
後はこの記録がどこまで伸びるか!!
やはりこのブラジル相手に1点決めた
玉田の評価は上がるんじゃないかな~っ!!
[PR]

by green_feels | 2006-06-28 04:43 | 徒然日記

新宿西口 イベントスペース

先週に古本市をやっていたことを書きましたが、
同じく 新宿西口 イベントスペース で、なにやらお店が
ならんでいました。

そのなかで、絵画の販売店がでていました。
おもに日本人の作品が置いてありましたね。

ひととおり見た後 入り口付近においてある
一点1000円のものが目に付きました。
この1000円というのは「額代」で中の
絵は印刷物なためか「サービス品」となっていました。
購入したのは 影絵アートで有名な「藤城清治さん」の絵が
付いたもの(額)を買って来ました。
[PR]

by green_feels | 2006-06-28 03:59 | 徒然日記

Ticket Classic

ついに見つけました!
チケット情報誌 「Ticket Classic」の常設店をっ!!

この Ticket Classic というのは クラシック、オペラ、バレエ、舞台の公演情報、
チケット販売情報を中心とした無料の小冊子です。
似たような情報誌に 「ぶらあぼ」 というものもあります。

「ぶらあぼ」 はオペシティ内の3階にあるチケットセンターに置いてあるのですが、
「Ticket Classic」 はどこに行けば置いてあるのかわからなかったのです。
しかしついに見つけました! 偶然ながら発見いたしましたですよ。

それは新宿 小田急本館10階の「山野楽器さん」です。
おなじく「ぶらあぼ」も置いてありましたので ちょくちょく行くことになりそうです。

次に探しているのは 「DANCE MOVE」 という無料小冊子。
これは名前のとおりダンスの情報誌。
常設のお店はどこにあるんだろう?
[PR]

by green_feels | 2006-06-26 01:41 | 徒然日記

ジゼル その2

今回のジゼルはすばらしかったせいか、
カーテンコールでの「ブラボー」の掛け声も多かった。

でも「ブラボー」って 発音がサマになっていないと
なんか恥ずかしいんですけど......。
外人さんとかだと「ブラァーボゥッ!」(聞こえるままに書いてみました)と、
かっこいいんですよ~。

他にないのかな?というよりなんで「ブラボー」?
「サイコーー!」とか叫んでみたいなぁ。
どうせだったら 4階席でウェーブ発生させるとか!ww
[PR]

by green_feels | 2006-06-25 03:19 | お出かけ

新国立劇場 バレエ 「ジゼル」

24日の「ジゼル(本島美和さん)」行ってきました。
驚異的な演目でした。
いやー 感動しましたよ~っ!!すばらしい!
なによりも 後半のストーリー展開ですね。
死を超えてでもかなわぬ愛を貫くというんでしょうか。
最後の「永遠の別れ」でのアルベルト(アルブレヒト)
(デニス・マトヴィエンコさん)の
悲壮感が伝わり 感涙一歩手前 きました!
(あぶないあぶない ^。^; )

主役のジゼルは後半の幽霊シーンのほうが良かったかな?
ミルタに呼ばれて出てきた後の踊りは「幽霊」という感じで軽やかでした。

しかしながらなんといっても コールドがすばらしく光っていました。
第二幕の精霊ウィリのアラベスクで左右交互に入れ違う箇所の
揃いっぷりは「気持ち悪い」くらい揃っていました。
ウィリの女王ミルタ(寺島まゆみさん)も堂々たる雰囲気を漂わせ
その「幽霊の首領っぷり」は気持ちいいくらいでした。
ハンス(市川透さん)がウィリたちに追い出される?シーンは
ちと怖かったです。
(まるで奥さんに追い出されるダンナっ!?)

最後に感想としては、ストーリーもさることながら
なんといっても精霊ウィリのコールド!!
当たり前なのかもしれないけれど、
あれほど揃っているのは驚異的でした。
-------------------------------------------
[PR]

by green_feels | 2006-06-25 01:31 | お出かけ

古本市やってた

新宿駅西口の地下にイベントスペースがあります。
京王線側の地下にある ガラス扉のところと言ったほうがわかるかもしれません。

そこで古本市が催されていました。
なにやらさまざまな書籍があります。
書籍だけではなく映画のポスターやらレコードやら版画やらが
雑多に置かれていました。

おお!なんとFCソフトまでも!!ファミスタなつかしぃ~っ!
むむぅ、復刻版だけど 竹久夢二の本が!!装丁がキレイっ! 欲しいなぁ~。
おお!同じく復刻版で「小説真髄」「幸田露伴」「幸田文」..... 欲しいなぁ。
美術書もいいっすねぇ。なにっ「ルーブル美術館カタログ」!!
ほ、ほっすいぃ!!でも¥6000 高っ!

そんな中で見つけて買ったものは
「東京オリンピック絵葉書:¥500」
「ぐっすり眠れる 快眠BOOK:¥200」
「ニワトリを殺すな:¥200」の低価格3品を購入。

このイベントスペース なかなか面白いものを
催しているときがあるんですよね。
たまに縁日っぽく駄菓子売ったりしていますよ。
[PR]

by green_feels | 2006-06-24 03:24 | 徒然日記

点を取ったのは良かった

当然の結果ではあるけれど点をとったのは
良かった。

Excite エキサイト :日本完敗 ブラジルと豪州が決勝Tへ

オーストラリア、クロアチアに勝てなかったチームが
ブラジルに勝てないのは当然だとは思うけど、
前を向いて戦った結果の1点という意味では
貴重な先制点でしたね。
-------------------------------------------
[PR]

by green_feels | 2006-06-23 08:45 | 徒然日記

日本を代表するGKとなるかも

オーストラリア、クロアチアと対戦し、一番活躍しているのが
川口ではないでしょうか?
ファインセーブしまくりです。

Excite エキサイト : 川口は「英雄」、ドイツ紙が評価

クロアチア戦が引き分けに終わったのは あのPKを止めたためと
いってもいいくらいの試合内容でした。
「シュートミスの祭典」などと報じられたようですが、その祭典の中でも
決定的だったのが 後半22分のPK!
あの至近距離だったらゴールは広大な空間です。
守るのはGK一人!

あのセービングはすごかった。
[PR]

by green_feels | 2006-06-22 02:53 | 徒然日記

過度の期待があるのでは?

骨折したのが約3ヶ月前。まだまだ病み上がりですから、
W杯レベルの試合で走りまくっているだけでも不思議なくらい。
このくらいの活躍が現時点では精一杯なんじゃないか?

Excite エキサイト : ジーコが柳沢にダメ出し!“奇跡”決勝TへFW陣大手術を決断!

「過度の期待は選手にとってプレッシャーでしかない」
あれだけ体格差のある海外チームのDF陣に削られまくって、それでも走り回っている。
今の柳沢はそれで精一杯です。かなり頑張っているのではないかと。
ピーク時のプレイを期待するのが間違っているんじゃないかな?
そういう意味では なぜ柳沢を無理やりにでも出したのかは疑問といえば疑問ですね。

しかしジーコ監督が選んだ最高のメンバーです。
最良のチーム構成で、最上の戦略で、最高のプレイを見せてくれれば、
主力を温存しているブラジルにだったら勝てるのではないでしょうか?
(かなり厳しいのは確実ですが....。ロナウド出るらしいし。)
-------------------------------------------------------
[PR]

by green_feels | 2006-06-22 02:23 | 徒然日記