<   2005年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2005年 大晦日

2005年 酉年も最終日です。
みなさま 本年は大変お世話になりました。

また 来年も当ブログをよろしくお願いいたします。
(ただいま 掃除休憩中)
[PR]

by green_feels | 2005-12-31 15:48 | 徒然日記

ハイっ!PC利用者であります!   

年賀状作り終わりましたか?
とりあえずは終わりましたが、出していなかった人から来た「お返し年賀状」の
返事が送れたりしますね。(ほぼ毎年)

Excite エキサイト : 3人に2人がパソコン利用 年賀状作成で

なんと、3人に2人がPCで年賀状を作っているとの調査結果。
自分もPC作成派です。オリジナルのものが作れてお手軽というのがメリットですね。
書店に行けば内容の充実した素材集本もあるし、
ネットでエプソンやキャノンのサイトに行けばイラスト素材が配布されていたりと、
便利に使えますので。
書体なんかもフリーのもので楽しい書体も数多く、楽しく作成できます。

ただ、メールのみでの年賀状というのは どうなのかなぁ。
「年賀状」というよりは「挨拶メール」の感覚だとは思いますが。

「取引先」に出したくないというのは かなり共感いたします。
たしかにあまり望んでは出したくない相手ですね。

できれば使っているソフトの統計も出してほしかったな。
ウチでは、「筆王」「Photoshop」「illustrator」「その他素材」でなんとか
しのいでおります。
[PR]

by green_feels | 2005-12-30 00:23 | 徒然日記

やはり 浅田真央効果なのか?

おぉ、33,7%の視聴率でましたかーー。
しかもフジテレビ系のドラマ・バラエティーを抑え「年間1位」とは、
やはり浅田真央効果なのか?
この結果いかんで 出場できるかできないかが決まる。

Excite エキサイト : フィギュアに国民的関心 驚異的な33・7%の視聴率

自分がフィギュアの放送を見るようになったのは 村主選手が出始めた前回の
ソルトレイクの時くらいからだけど、あの頃は視聴率どれくらいだったのかな。
(けっこうみんな見ていたと思うんだけど)

しかしながら今回は面白かったですからね。
注目選手全員に出場の可能性があるという拮抗した状況。
しかも期待の新人が2人と 織田家の子孫が出る!
さらに安藤選手 出るか4回転!?

ま、結果的に言ってしまえば「浅田選手」と「中野選手」は、
ある意味今回の候補から外れていたんでしょうね。
総合得点の段階で、「安藤選手」はほぼ確定。
「村主選手」「荒川選手」は アレだけの演技だと文句の言いようもないし。
終わってみると、アレアレ........ 「ほぼ予想通り」なメンバーだなぁ。

つーか、気になるのはチョコレート「ガーナ」のCM。
あれって 出場決まるまえに撮影してるんだろうけど......なんであのメンバーなんだ?
まさか知っていたのか?? 仮に「浅田選手」が決まったら、撮り直したのか?


こういったことを受けて あえて予想を言ってみますと、
女子フィギュアシングル トリノ五輪優勝者は「スルツカヤ選手」と見たっ!
答えは 約2ヶ月後! どうかな この予想は!?
[PR]

by green_feels | 2005-12-28 02:08 | 徒然日記

(フィギュア) 順当な結果でしょう。

メリークリスマース! (ぎりぎりでね)

いやー フィギュアは男子も女子も例年になく盛り上がってますね~!
でも結果としては順当な結果ではないでしょうか。
村主、荒川選手は言うに及ばず キャリアの差、実力を発揮した感じ。
まさに貫禄たっぷりという演技でしたね。
演技構成自体が巧みというのか。
曲調が変わるところでの演技の変化、曲と演技内容のシンクロというのかな。
曲と演技の一体感はずば抜けてましたね。

安藤美樹は不調気味だったけど、演技内容では正直 恩田選手以上だったと思う。
ま、それまで積み重ねていた得点の時点でよっぽどの事でもなければ
トリノ行きは決まっていたから、予定通りでしょう。

Excite エキサイト :<フィギュア>浅田真の特例出場、ISUに打診 連盟副会長

そして、浅田真央です。
いや、コレは正直うまかった。というよりスピード感がありましたね。
特に中野選手、恩田選手と比べると技の繋ぎが素早いというのか、
次から次へと「流れるように」演技していく印象でしたね。

しかしながら年齢制限があるので、出場はできない。
はずなのに、「特例打診」をしたということを認めました。
つーか、しちゃいかんだろう。「年齢制限」あるのがわかってるんだから。
やっぱりアレですかね、「首相」が言ったからってことですかね?

そして、「疑惑」の男子です。
余計な事をしてしまったので織田選手は降格。ってことですね。
規定以上の技を繰り出したために減点というのはどうなのかな~。

そんなことをいったら「規定である年齢制限」に届いていない
浅田真央を行かせようとすることは「まちがってもしないはず」なんだけど......。

つじつまが合わない。というより「一貫性」がない。
なんだかすっきりしないな。
結果もある程度予想できるメンバーだし、あらかじめ決まっていたのでは?
[PR]

by green_feels | 2005-12-26 00:58 | 徒然日記

銀行がほしがる「手数料収入」

まったく思ったとおりの内容でしたね。
所詮は烏合の衆が集まっただけのメガバンクです。

>みずほ証券は急速に株式関連業務が拡大したため、発注業務担当者への
>研修が不十分で、発注端末の警告表示の意味を担当者が
>十分に理解していなかったという。

ここで興味深いのは「警告表示の意味を理解していない」の部分ですね。
証券市場は日常的に億単位の金額が取り引きされる市場です。
それだけの金額が動く市場である以上 1回の発注でも慎重を期して当然のはずです。
それを「理解していなかった」とは。 発注業務をする以前の問題です。

でも不思議なのは、「みずほ」って「元日本興行銀行」が入っているのでは?
金融債扱っていたと思うんだけど、
ここの人たちにやらせればいいんじゃないの?

Excite エキサイト : <みずほ証券誤発注>管理態勢に不備で業務改善命令 金融庁

しかも研修が不十分とのコメント
「取りっぱぐれないシステムになった手数料収入が目当てで証券商品を扱い始めた」
といわれてもしょうがないですね。

以前は「もうけ」に対して取られていたのですが、
いまでは「取引全般」で取られるようになったものです。

100万で買った株が120万になったとすると、
以前は儲けの20万に対してだったのが、
今は120万に対してかかるというもの。
反対に下がって70万になったら70万に対してかかります。

いいかえると「お客がもうけようと 損しようと どっちでも手数料が取れる」のです。
取引方法によって変わってきますが 普通に窓口でやると
取引金額の約11%ほどが取られます。

このようなシステムに変わった時と銀行が
証券商品を扱えるようになった時期とは ほとんど一致します。
銀行優遇のための処置ということですね。

あと、逆に銀行が放出し始めたものが「日本国債」。
コレは要注意です。
「お得な事」しかしないはずの銀行が いままでアレだけ買い込んでいたのに
買わなくなり、「個人国債」という商品名をつけ国民に買わせようとしている。
(国債は過去に「紙切れ」になったことがあります)
[PR]

by green_feels | 2005-12-23 02:01 | 徒然日記

アメリカは 「世界の警察」の存続を目指す

この「アルカイダ」というのはそもそも何なのだろうか?
オサマ・ビンラディンなる人物が率いているテロ組織だということですが、
ただ単なる「キーワード」的なものに聞こえます。
つまりは、この名前を出しておけば、
「テロ組織との戦争」という名目で「永遠の戦争」を存続させる事ができる。

ブッシュ大統領、フセインとビンラディンを言い間違い | Excite エキサイト

しかし、こんなことで得をするのか?

不思議な事にアメリカには「軍事産業」という 言い方をかえれば「武器商人」という
一面があります。この産業が発展するためには何をするのが効果的なんでしょうか。
それは「生産した武器を消費する事、新型兵器の開発」です。
湾岸戦争 イラク戦争 でも新型兵器が実にタイミング良く登場してきます。

アメリカが「世界の警察」となるためには 平和な世界ではいけないのです。
もっとも世界平和を願っていないのがアメリカではないのか。
そう思えてしまうんですよね~。
この「永遠の戦争のテーマ」である「アルカイダとビン・ラディン」が
なくなることはないでしょう。
[PR]

by green_feels | 2005-12-22 02:00 | 徒然日記

自己の向上を目指し努力するのがスポーツ選手

「大人の思惑」がからむ。それがスポーツビジネスというものです。
ナイキ、アディダス、ミズノなどのスポーツ用品メーカーにとって
オリンピックで自社ロゴ入りのウェアを着た選手が優勝すれば、
ブランドとしてのイメージ向上になります。
選手にウェアやシューズを提供しているのはボランティア活動ではありません。
これは当然の話です。そのために舞台裏では「大人たち」が動き回っています。
将来 有望な選手はいないか? 選手が優勝に近づくために新素材のウェアを
開発したりと「大人たち」は営業で頑張っています。

Excite エキサイト : 真央トリノへ行けないワケ…かたくなISU会長

また、一人の選手の特例のために出場できない選手が出てくる事も忘れてはなりません。
その選手も日々自己の向上を目指し 何年も前から努力をしてきてコツコツと実績を
重ねてきているはずです。
スポーツ選手はそれが仕事であり、他の選手と競い合い切磋琢磨し
「昨日より今日 今日より明日」と技術を磨き 大会で観客に感動を与える。
マラソンの高橋尚子選手のような。

また、スケート競技(フィギュア・ショートトラック・スピード)は年少の方が有利とされ、
大会前の7月1日現在で15歳以上という年齢制限が設けられています。
今のまま出場して優勝しても 「ああ、年少のほうが有利だからね」といわれかねません。
それは浅田選手にとっても不幸な勝利です。

まずは「年少のほうが有利」という理論を覆してからではないでしょうか。
それから優勝しないと 「やっぱり、年少のほうが有利なんだね」などといわれても
反論できない。

-----------------------------------
あと、「今がピークかもしれないから出場」という論調。
まったく何を言っているんでしょうかっ!
それはまるで「キミはもういくら練習しても これ以上うまくならないよ」と言ってるんですよ。
なんという失礼な発言でしょうか。

まだ15歳ですよ。
なんの権限があってそんな可能性をつぶすような事を言えるんでしょうか。
猛省を促したい。
限界を決めるのは「本人」だけです。

そんな事を言ったらキングカズは何の意義でシドニーFCでの奮闘をしたのでしょうか。
「過去の自分以上のプレイをしたい」
ただそれだけのことを目指して 日々を努力する。
それを全否定する事を平気で言っている事自体が理解できません。
努力している人は輝いています。
それは小さな努力かもしれない。無意味な努力かもしれない。
自己の向上のために 一歩一歩進もうとする。

-----------------------------------
自分的に 一番まるく収めるのは、「ゲストスケーター」として浅田選手を
オリンピック委員会が招待する。
そしてオープニングに「くるみ割り人形/花のワルツ」でフィギュア競技開幕。
あと、エキシビジョンでの起用ですね。
浅田選手にとっても「オリンピック会場で演技」という経験にもなるでしょう。

メディアとしては 伊藤みどりさんと一緒にコメンテーターとして抜擢とか。
こうすれば日本人観光客も行きやすくなるだろうし、トリノとしても観光収入が見込める。
この妥協案はどうでしょうか。

日本スケート連盟
JOC トリノ2006
[PR]

by green_feels | 2005-12-21 03:06 | 徒然日記

ルールがあるのがスポーツ競技です。(公務員も)

とても残念な事ではあると思いますが
浅田選手が出場できないのは「年齢制限」というルールがあるからです。
例えば「サッカー」には手を使ってはいけないというルールがあります。
なぜ、手を使ってはいけないのでしょうか?
ゴールキーパーは手を使っています。
それはなぜですか?なぜならば、それが「ルール」だからです。

「ルールを守る」 公平性を尊ぶスポーツ競技の根本です。
そこを見失ってはいけないと思うのです。

Excite エキサイト : <フィギュア>浅田五輪不出場で、小泉首相「不思議だよな」

確かに「年齢制限」というルールにどれほどの意味があるかは甚だ疑問です。
そんな枠を設けずに優秀で実績もあるならば出場するのがあたりまえともいえるし、
それがオリンピックの主旨である「頂点を目指す」ということでしょう。

そういえば、公務員の受験にも年齢上限に対する制限がありますね。
あれはなんであるんでしょうか?

公務員試験 職種別 年齢制限一覧

これではどんなに優秀な人材でも30歳越えるとほとんどの公務員試験に
受験する事もできません。
逆にどんなに優秀で人望が厚く良い政策を持っていても
25歳以下は衆議院議員に立候補もできません。
参議院議員は30歳から。
(これがあるために女性議員が少ないという現状があります)

これも不思議ですね。
[PR]

by green_feels | 2005-12-20 03:25 | 徒然日記

伝説の序章

すごいです! 浅田真央。
女王スルツカヤも寄せ付けない得点で見事優勝。
しかしながら年齢制限というものでトリノ五輪への出場は
残念ながらできません。
公式に「特例処置はしない」とのコメントもあり、
出場できない事が「正式」に決定しました。

ところが、日本スケート連盟に
特例処置の働きかけを求めるメールが殺到しているとのことです。

Excite エキサイト : 真央ちゃんを五輪に 連盟に嘆願メールが殺到

気持ちはわかりますが、すでに決定事項として成立しています。
公式な機関(国際スケート連盟)の会長自らが
「年齢制限は総合会議で決議された決定事項」と言っており、これに対して異議を
申し立てると言うのは「すでに決定したことに対するわがまま」にしかなりません。

「グランプリファイナルで優勝した。
それもトリノ五輪で優勝する可能性のある選手たちに大差を付けての
圧倒的な優勝であった。
もし、トリノ五輪に出場していたら優勝しただろう」
という伝説の序章と考えておくのが妥当ではないでしょうか。

でも よくよく考えてみれば今大会で優勝しても出場資格が無い事は
本人や関係者はわかりきっているはずですよね。
この大会(グランプリファイナル)に出場した事自体が「特例」なのではないでしょうか。
[PR]

by green_feels | 2005-12-19 02:54 | 徒然日記

新国立劇場「くるみ割り人形」

今日は 新国立劇場のバレエ公演「くるみ割り人形」に行ってきました。
クリスマスの定番の演目ですね。
去年もこの演目に行ったんですが、去年と振り付けが同じでした。
てっきり去年とは違う演出でやるのかと思っていたんですが、
覚えている限りでは ほぼ同内容でした。
(さすがに全舞踏を覚えてはいないので、「覚えのある」限りでは同じ)

やはり振付師が同じだと 変わらないんですかね~?初めて知りました。
「2005年版」とかいう感じで改訂とかしないんですね。
ちょっと残念ではありましたが、くるみ割り人形自体のクオリティが高いので満足でした。

このくるみ割り人形は様々なバレエ団で演じられており、おなじ演目でも
バレエ団によって独特の演出がされているようで、
「英国ロイヤルバレエ団版」だと「大天使様」みたいなのがでてきたり、
「オペラ座バレエ団版」だと「巨大な顔の”はりぼて”をかぶった集団」が出てきたりと、
見比べるとおもしろいですよ。
「新国版」では「ドロッセルマイヤー」が出してくる人形のレパートリーが
ちょっとかわっていますね。

また、クリスマス時期ということで 劇場内にクリスマスツリーが飾られています。
近くにはオペラシティでのクリスマスイルミネーションもあり、
この辺り一帯のクリスマス演出はお奨めですよ。

おすすめロマンチックイルミなら、ここ!
[PR]

by green_feels | 2005-12-18 02:42 | お出かけ